とり子の楽観主義

オプティミストを目指すとり子の雑記ブログ。

【おすすめ】ポケットwifiより便利?ハワイ旅行用に海外SIMカード「ZIP SIM」を購入してみた

ハワイ旅行におすすめ!「ZIP SIM」

長期休暇に海外旅行に行くという方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

私はと言えば、来月久しぶりにハワイに旅行に行く予定があります。

待っててねハワイ!楽しみ!

海外旅行といえば、気になるのはネット環境です。

北米やヨーロッパ諸国等はwifiを使える場所が多いため、外出先でのネット環境は日本より整っていると思います。

それでも、お店の情報を調べたり、地図アプリを開いたりしたいときにwifiのある環境でないとネットに接続できないというのはやはり不便なもの。

 

そこで、来月のハワイ旅行に向けて海外SIMカードを事前手配することにしたので、今回購入した「ZIP SIM」について書きたいと思います。

 

 

SIMフリーのスマホがあるなら、海外SIMカードが便利!

ハワイ旅行

海外SIMカードを購入することにした背景

これまで海外旅行に行くときは、

  • ホテル等のwifiのあるところでだけネットを使うと決め、何も用意しない
  • ポケットwifiを持って行く

のどちらかでした。

 

まあ実際は常時ネットが使えなくても、何とかなります。

ただ、私は方向音痴なので移動中にマップアプリが使えないのと、現地でリアルタイムで人と連絡を取りにくいという点を不便に感じていました。

 

ですが、今回は結婚式&ハネムーンでハワイへ行きます。

私は花嫁であるのと同時に、海外に慣れていない家族のガイド役でもあります(笑)

 

そのため、

  • プランナー会社や家族・ゲストとの連絡手段がほしい
  • 目的地への交通手段等、さっと調べられるようにしておきたい

という理由から、常時ネット(できれば現地での通話も)を使えるようにしておきたいと思っていました。

 

ポケットwifiを選ばなかった理由

去年シンガポールに行った際、現地の友人と連絡を取りやすいように「イモトのWiFi 」でポケットwifiを手配して持って行きました。

空港受取・返却なこともあり非常に便利だったので、最初は今回も利用しようかと思っていたんです。

ですが、8日間の見積り額を見てみると、オプション利用無しで13,180円。

 

う~ん...以前利用したときは4日間ほどだったので割と安かったのですが、やはり日数が長くなるといいお値段しますね。

(旅行時期・地域・期間等によって料金は異なります。)

滞在期間が短い旅行ではおすすめできるものなんですが、今回は我が家のCFO(←私)の判断によりアウトです。

 

大手キャリアのユーザーなら、国際サービスを利用する手も

ドコモ等の大手キャリアだと、海外用のパケット定額サービスがあります。

なので大手キャリアユーザーなら、利用状況や期間によってはそちらを検討するのもありだと思います。

 

私は現在mineoを利用しているので、この選択肢は無しでした。

ちなみに、イギリスに行ったときにドコモの国際サービスを利用したことがあるのですが、場所が悪かったのか、設定が悪かったのか、速度が遅すぎて使い物にならなかった経験があります...(汗)

※使用状況等によって変わると思います。

あれ、もったいなかったなー

 

海外SIMカード「ZIP SIM」のスペック

そこで、何か良い代替手段はないかと調べていたところ、海外SIMカードである「ZIP SIM」にたどり着きました。

 

スペックは以下のとおりです。(3種類から選べます。)

  • 対応地域     :アメリカ本土、ハワイ、プエルトリコ
  • 使用可能なサービス:通話+SMS+データ通信
  • 対応SIMサイズ:全てのSIMサイズ(標準、Micro、Nano)
  • 利用可能期間   :7日間 / 14日間 /30日間
  • 価格       :2330円(7日間) / 3180円(14日間) / 4620円(30日間) ※Amazonでの価格(2018/7/25現在)
  • データ通信量   :4G LTE 500M(7日間) / 1GB(14日間) / 2GB(30日間)
  • その他              :アメリカ国内への音声通話無制限、国際SMSも無料

 

私は14日間1GBのものを購入することにしました。

それでも、ポケットwifiの見積り額より、1万円もお得。

通話まで利用可能で、レストランの予約や問い合わせ等にも役立ちそうです。

 

↓商品名が「READY SIM」になっていますが、2016年4月から「ZIP SIM」に名称変更されています。

 

「ZIP SIM」のメリットとデメリット

メリット

  • 安い
  • ネットだけでなく、通話も可能(電話番号が割り振られ、アメリカ国内での通話が無料・無制限)
  • 事前に購入できるため、現地についてから無駄な時間を使う必要がない
  • wifi端末を持ち歩く必要がない

 

デメリット

  • SIMフリー機でないと使えない
  • ポケットwifiと違って、1人しか使えない
  • アクティベーション(SIMの有効化設定)は自分でする必要がある

 

注意点

  • 4G LTEは特定の周波数に対応する端末でのみ利用可能(詳細は商品ページ参照)
  • ZIP SIMを入れた自分のスマホ→日本のスマホへの現地での通話は「国際通話(long-distance)」になるため、使用には別途設定・料金が必要。(5ドルから利用可)

 

メリット・デメリット・注意点を踏まえ、使用状況によって「ZIP SIM」等の海外SIMか、ポケットwifiか考えるのが良さそうですね。

 

「ZIP SIM」が届いた

Amazonで注文した「ZIP SIM」が届きました。

商品はこんな感じです。

f:id:torikooptimism:20180725101346j:plain

「ZIP SIM」内容物

入ってるものは、

  • SIMカードの入ったパッケージ
  • SIMカードを取り出すためのピン
  • 日本語の説明書

です。

 

こちらが日本語の説明書です。

f:id:torikooptimism:20180725101431j:plain

いろいろ細かく書いてありますが、通常はSIMカードを入れれば自動的に開通するとのこと。

開通するとSMSで電話番号が通知されるそうです。

アクティベーションの手順は思ったより簡単ですね。

※アクティベーションは現地に行ってからしかできません。

 

SIMカード本体はこちら。

標準、Micro、Nanoと、使用するSIMのサイズに合わせて台紙から取り外すことができるようになっています。

ZIP SIMカード本体

ちょっとした注意

日本で使っているSIMカードを取り出して「ZIP SIM」を入れることになるので、取り出したSIMカードを保管するケースがあった方がいいかもしれません。

日本に帰ってきたらSIMカードが破損していて使えない、ってなったら大変ですからね。

 

 

終わりに

今回はハワイ旅行用に手配した海外SIMカード「ZIP SIM」について書きました。

ハワイやアメリカ本土に旅行の予定がある方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

SIMフリー機を持ってるなら活用していきたいよね!

実際使用してみての感想は、旅行を終えてから改めて書きたいと思います。