とり子の楽観主義

オプティミストを目指すとり子の雑記ブログ。

実は誰もが感じている?「私の人生このままでいいのか」問題の対処法を考える

f:id:torikooptimism:20180630160702j:plain

何となく毎日が過ぎていくけれど、私の人生このままでいいのだろうか...

ふとこんな風に思うことってありませんか?

 

私自身もそんな風に考えることがありますし、仕事や人間関係等、客観的に見て良い状況にいるように見える人でも、話を聞いてみると同じような悩みを持っていて驚くことがあります。

今回は、この「私の人生このままでいいのか」問題について、どのように対処できるかを考えてみたいと思います。

 

「このままでいいのか」問題の3つの対処法

f:id:torikooptimism:20180630160734j:plain

心が変化を求めているサインかも?

「このままでいいのか」と感じるときは、心の中であなたが変化を求めているサインかもしれません。

人間は「慣れる」生き物なので、同じ環境に長くいるとどうしてもある種の「飽き」を感じてしまいます。

「このままでいいのか」という疑問は、環境を変えたい、刺激が欲しいという気持ちが抱かせるものではないでしょうか。

そこで、ケース別に3種類の対処法を考えてみました。

 

1. 問題解決を図る

まず、現状に明らかに問題があると感じている場合の対処法です。

この場合は「このままでいいのか」よりも強い危機感を持っているとは思いますが...。

もしかしたら精神的に疲れてしまっていて、上手く行動が起こせていない状況かもしれませんね。

 

例えば、ブラック企業にいるとか、今の仕事は好きじゃなくて、本当は別の仕事をしてみたいとか、パートナーがお金にだらしなくて困っているといった場合は、状況を改善できないか考えてみてください。

 

重要なのは、問題解決のためにできる具体的な行動を考えることです。

「どうせ変わらない」と思っていたら、あなたの望まない「変わらない」毎日を過ごすことになるでしょう。

「どうせ~」と考えてしまうときは、「問題を解決できる」あるいは「問題を解決できない」の2択、ゼロイチ思考で考えてしまっている可能性が高いです。

問題を100%解決することはできなくても、状況を改善することはできるかもしれません。

状況が改善すれば、あなたが選ぶことができる選択肢が増えるかもしれません。

少なくとも、何も行動を起こさなければ、何も変わらないままです。

ゼロイチ思考についてはこの記事で書きました↓

www.torikooptimism.com

 

2. 新しいことを始めてみる

現状に問題があるわけではない、むしろ上手くやっている方だと思うのに「このままでいいのか」と感じてしまう場合は、日常のマンネリ化が原因であることが多いです。

 

この場合は、深く考えすぎずに、何か新しいことを始めてみるといいです。

 

新しいことと書きましたが、ここで言う「新しい」とは「今の自分の日常には無い」ことという意味です。

なので、昔好きでやっていたことを再開する等でもいいと思います。

 

やってみて上手くいかなかったり、そんなに好きじゃないなと思ったら止めてしまってもいいと思います。

なのであまり深く考えずに、まずは今の日常に新しい種を蒔いてみる。

もしかしたらいつの日か、思いがけず大きな実を収穫できる日がくるかもれません。

やりたいことリストを作ってみるのもいいかもしれませんね↓

www.torikooptimism.com

 

3. 何となく焦っているだけかもと考える

周りの人たちは頑張っているのに、自分は頑張っていない。

そんな気持ちがあって、「このままでいいのか」と思っているケースもあるかもしれませんね。

 

その場合は、無駄に人と比べてしまっていないか、成長しないといけないと思ってしまっていないか考えてみてください。

 

解決すべき具体的な問題があるときの焦りより、漠然とした焦りの方がずっと厄介です。

まずは、自分がどういう風に考えているのか、本当に望んでいることは何かを、少し時間を取って考えてみてはいかがでしょうか。

他人と比較するのをやめるためのコツについて書きました↓

www.torikooptimism.com

成長しないといけないと考えている方に読んでほしい記事です↓

www.torikooptimism.com

 

終わりに

今回は、「私の人生このままでいいのか」問題の対処法について考えました。

友人と深い話をすると、様々な形でこの問題が話題に上がります。

実際のところ、「このままでいいのか」と全く感じていない人の方が少ないかもしれません。

悩んでしまったときに、今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。