とり子の楽観主義

オプティミストを目指すとり子の雑記ブログ。

人生ちょっと疲れたなと思ったら、ウルフルズを聞いてみてほしい【おすすめ】

人生

以前書いたこちらの記事で、ケネス・ランゴーン氏の「毎朝目が覚めて憂鬱になるほど最悪のことはない。」という印象的な発言を取り上げました。

www.torikooptimism.com


今回は、人生ちょっと疲れたなという時、朝に限らず聞いてみてほしいおすすめの曲を紹介したいと思います。

みなさん、ウルフルズ、聞いてますか?

 

 

ウルフルズの曲は「弱さ」に寄り添う曲でもある

弱さ

朝一番の感情・行動がその日を左右する

本題に入る前にちょっと余談を。

1日の始まりである朝の感情や朝一番にする行動は、その日、延いては毎日をどのような気持ちで過ごすかを左右します。

つまり、憂鬱だ、憂鬱だと思いながら、良いことを見つけるのはとても難しい。

 

こちらの本では、

一日の始まりのほんの数分を変えるだけで、その日の台本を書きかえられる

パム・グラウト著『こうして、思考は現実になる 2』より抜粋

と書かれています。

また、そのことを証明するため、3日間、朝の習慣をほんの少しだけ変えてみることを勧めています。

そして、習慣を変えるためのアイディアとして、朝一番に幸せに関する歌を聞くことが挙げられています。(ファレル・ウィリアムスの"Happy"などが例として挙げられています。)

要は、音楽は気分を変えるためには手っ取り早い方法だということです。

英語の言い回しで"Fake it until you make it."(ものにするまでは「フリ」をしろ)というものがあるのですが、幸せな感情もまた、意識して少しずつ自分で増やしていくものなのかもしれません。

洋楽も良いですが、やはり日本語の方が歌詞がストレートに頭に入ってきやすいですよね。

そこで、回りくどくなりましたが、私がおすすめしたいのがウルフルズの曲です。

 

落ち込んでいる時に「元気元気」した曲は聞きたくない?

ウルフルズと言えば、パワフルで男くさい曲のイメージがあるかもしれません。

また、「人生上手くいかないな...」などと落ち込んでいる時には、いかにも「元気」な曲は聞く気になれないかもしれません。

ですが、ウルフルズの曲はメロディが良いのはもちろん、弱い心に寄り添って背中を押してくれる曲も多いです。

また、ストレートな歌詞だからこそ、まっすぐに心に響きます。

 

疲れた人にこそ響くウルフルズの曲5選

ここでは、「人生ちょっと疲れたな」、「私の元気どこにいったかな」なんて時に聞きたいウルフルズの曲を5つセレクトしました。

1.『しあわせですか』

先ほど少し触れましたが、1日を幸せに過ごしたいなら幸せな曲に触れると良いです。

そこでおすすめはストレートに『しあわせですか』。

テンポが良く元気溢れる曲で、ふざけている感じもしますが、「あれ、幸せって結局自分の考え次第なんじゃない?」と思わせてくれる曲です。

私は休職中、少し回復してきたかなという時に一定期間、毎朝この曲を聞いていました。

これは先ほど紹介した『こうして、思考は現実になる 2』 の内容を実践していたからでもありますが、この曲は聞いているだけで不思議と元気が湧いてくる感じがしました。

しあわせですか

しあわせですか

  • ウルフルズ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

2.『ええねん』

これはもうね、いろんな意味でキラーチューンです。

力強い歌なのに、弱っているときに聞くと思わず泣けてきます。

本当は「ええねん」って不甲斐ない自分を自分で受け入れることができればそれが一番いいと思いますが、それが難しい時、この曲の歌詞がそっと背中を押してくれます。

ええねん

ええねん

  • ウルフルズ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

3.『笑えれば』

とにかく笑えれば良いんですよ。

ウルフルズの曲の中ではセンチメンタルな曲調がより胸に響きます。

不格好でも懸命に転がり続けましょう。

笑えれば

笑えれば

  • ウルフルズ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 4.『サムライソウル』

男っぽい歌ですが、好きな曲です。

この語りかけるような歌い方が好き。

聞いていると自分も「サムライなんちゃうの」って思ってきます。

みんないろんな形で頑張ってるサムライなんだよなぁ。

サムライソウル

サムライソウル

  • ウルフルズ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 5.『暴れだす』

「暴れだす!暴れだす!」というフレーズが印象的なこの曲。

歌詞はどちらかというと後ろ向き。

自分では言葉にできない葛藤を歌ってくれている感じがします。

暴れだす

暴れだす

  • ウルフルズ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

終わりに

あれ、元気になる曲を紹介しようと思ったらちょっとセンチメンタルな曲に傾いている気がする(笑)

しかし、どれも良い曲ばかりです。

実はウルフルズの曲をあまり聞いたことがないという方は、試しにこの記事に挙げた曲を聞いてみてはいかがでしょうか。