とり子の楽観主義

オプティミストを目指すとり子の雑記ブログ。

amazon music unimited
amazon-audible
キッチン家電
レミパン感想
ペシミスト特徴

ずぼら主婦におすすめの深型フライパン『レミパンプラス』を3ヶ月使ってみた感想(レビュー)

万能深型フライパン『レミパンプラス』

料理には必需品のフライパン。

普段から料理する人にとっては、かなり使用頻度の高い調理器具と言って間違いないでしょう。

どうでしょう、今お使いのフライパンに満足しているでしょうか?

今回は私が愛用している万能の深型フライパン『レミパンプラス』を使ってみた感想やおすすめポイントについて書きたいと思います。

 

控えめに言って超絶便利..!

 

人気の深型フライパン、レミパンプラスとは

remy.jp

料理愛好家の平野レミさん監修のフライパンです。

2001年に発売された『レミパン』という前のモデルがあり、これが2016年に全面的にリニューアルされました。

オールインワンな性能はそのままに、さらに便利に生まれ変わったのが『レミパンプラス』というわけですね。

 

 

IH対応!レミパンの仕様・サイズ・容量

  • サイズ:約44×25.5×15(蓋装着時高さ)cm
  • 内寸:約24cm
  • 満水容量:約3.3L
  • 主材:本体:アルミニウム合金(内面:アルマイト、ふっ素樹脂塗膜加工、外面:アルマイト、焼付塗装)、底部:鉄溶射、ガラスフタ:強化ガラス
  • IH対応

 

グッドデザイン賞を受賞。デザイン性に優れたフライパン

使いやすさだけでなく見た目にもこだわった『レミパンプラス』は、2016年のグッドデザイン賞を受賞しています。

f:id:torikooptimism:20181114171436j:plain

 画像はremy公式サイトより

カラーはホワイト、レッド、ネイビーの3色で、ツートンカラーのおしゃれな見た目。

ちょっとキッチンに置いているだけでも生活感が出すぎないデザインが良いですね。

 

デザインが工夫されている点については使ってみた感想で書きたいと思いますが、「おっ便利だな」と思わせてくれる点が多くあります。

 

レミパンプラスをレビュー!3か月使ってみた感想

どんな点が良いかも含め、実際に3か月間使ってみた感想を書いていきますね。

まず実際のものはこんな感じです。

レミパンプラス全体像

カラーはホワイト、レッド、ネイビーのの3色あるのですが、私はレッドを選びました。

キッチンがパッっと明るくなる色で、なんとなく料理が楽しくなるので気に入っています!

 

レミパンプラスのおすすめポイント

実際に使ってみて感じたレミパンプラスの良いところは次の通りです。

  1. フタが立つ
  2. 取っ手にマグネットが付いていて、キッチンツールがくっつく
  3. 1台6役で揚げ物も可能
  4. 熱伝導が良く、こびりつかない

 

1. フタが立つ

フタの取っ手がスタンドになっていて、このようにしっかりと自立してくれます。

レミパンフタ自立

これ、何気にすっごく便利です!

料理をしていて少しの間煮込みたいからフタをして、味見したり味付けを追加したりするときにフタを開けますよね。

その時にただの平たいフタだと置き場所に困るのですが、レミパンプラスのフタはすっと立てることができるので変なストレスがありません。

 

また、フタには往々にして水滴が付いているものです。

レミパンプラスのフタは、立てても縁で水滴を受け止める形にデザインされています。

レミパンフタ水受け

まさにかゆいところに手が届く!という感じです。

 

フタだけでもいろいろ工夫されているのね。

 

2. 取っ手にマグネットが付いていて、キッチンツールがくっつく

このレミパンプラスには、別売りですが4つのキッチンツールがあります。

(キッチンツールとフライパンがセットになったものもあるようです。)

 

こちらの4種類ですね。

f:id:torikooptimism:20181114165536j:plain

画像はremy公式サイトより

これらのキッチンツールにはマグネットが付いていて、同じくマグネットが内蔵されたレミパンの取っ手にくっつきます。

 

こんな風にペタって。

レミパンマグネットツール

 

これもフタと同様で、使った後にちょっと置いておきたいときに超絶便利なんですよね。

一回使っただけで洗ってまた使うのも手間だし、ツールを置くためにお皿等を用意するのも地味に手間です。

なのでこの点が個人的に一番のお気に入りポイントです!

 

また、フタをした状態でもツールを置くことができるようになっています。

レミパンフタをした状態

レミパンフタをした状態2

考えられてるなー 

ちなみに私が使っているのは『こそげるヘラ』というものです。

先端が柔らかいシリコン製になっていて、形もちょうど良く、本当にソースをしっかり「こそげる」ので気に入っています。

 

3. 1台6役で揚げ物も可能

レミパンプラスの最大の魅力のひとつは、多用途に使えること。

深型フライパンはフライパンと鍋を兼ね揃えてますから、1台だけで

炒める、焼く、煮る、蒸す、揚げる、炊く

の6役に使えます。

ということは、だいたいの料理ではこれひとつでできてしまうということですね。

揚げ物にも使えて便利です。

実際に、使い始めてからは我が家ではレミパンプラスが調理器具ヘビロテランキング圧倒的1位となりました。

 

普通のフライパンと比べるとお値段は張りますが、私は「いつも使うもの、長く使うもの、好きなものには良いものを」と考えています。

レミパンプラスには値段に見合う価値があると思いますよ!

 

4. 熱伝導が良く、こびりつかない

使ってみてすごく感じたのは、

全体にしっかりと熱が行きわたる

ということ。

 

熱伝導率の高いアルミ鋳造製なので、熱が速く、全体に、しっかりと均一に伝わります。

おそらくここに良いフライパンとそこそこのフライパンの差が出ると思いますし、速く熱が伝わるということは時短にも繋がるので非常に重要なポイントですね。

 

また、コーティングがしっかりとされているため、少しの油でも食材がこびりつきません。

なので洗うのも楽なんですよね。←これ大事!

 

レミパンプラスの気になるところ

一方で実際に使ってみてちょっと気になる、と思った点は次の通りです。

  1. ちょっと重い
  2. 寿命(どれぐらいもつのか)

 

1. ちょっと重い

つくりがしっかりしているからか、私にはちょっと重く感じます。

重さを計ってみると

  • フタがない状態で867g
  • フタを付けた状態で1.45kg

でした。

 

口コミ等を見ていると深型フライパンのわりには軽いという声が多いので、私の腕が貧弱なだけかも...?

とは言え、「すごく重い!」というわけでもないので今のところ特に問題ないです。

 

2. レミパンプラスの寿命(どれぐらいもつのか)

ネットの口コミ等を見てみると、以前のモデルでは2年程で痛んできてしまうケースが多かったようです。

2016年のリニューアルでレミパンプラスとなり、耐久性が改善されているようなので、長くきれいな状態を保ってくれることを期待するばかり。

 

実際に3か月間頻繁に使用したレミパンプラスの様子はこんな感じです。

レミパン3か月後

レミパン3か月後

 

まだ日が浅いので何ともですが、今のところ使用後の汚れは取れやすく、コーティングもきれいで全く問題ありません。

フライパンの寿命は使い方やお手入れの仕方も関係してくるので、長く使えるように気を付けていきたいですね。

何か耐久性で難を感じることがあればここに追記したいと思います。

 

レミパンプラスをネットでお得に買うならベルメゾンがおすすめ

ネットでレミパンプラスを購入できるところを少し調べてみたのですが、公式サイトの価格よりも高く販売されているサイトが結構ありました。

いくつかのサイトを比較してみるのが良いかもしれませんね。

 

タイミングにも寄ると思いますが、レミパンプラスをネットで買うなら【ベルメゾンネット】便利で使える♪我が家にぴったりなキッチン用品・調理器具がおすすめです。

今なら(2018/11/14現在)新規会員登録で500円OFFクーポンがもらえて、初めての利用だと送料無料になるキャンペーンをやっているので、ちょっとお得にお買い物ができますよ。

ベルメゾンネット

終わりに

今回は愛用している深型フライパン『レミパンプラス』について書きました。

調理器具は便利で使いやすいものが一番です。

1台でフル活用できるものをお探しながら、レミパンプラスを検討してみてはいかがでしょうか。