とり子の楽観主義

オプティミストを目指すとり子の雑記ブログ。

【また先延ばし?】やる気が出ないときに行動に移すための5つの対処法【TED】

f:id:torikooptimism:20180717154225j:plain

ダイエットやスキルアップに向けての勉強など、新生活のスタートに合わせて何かを始められる方、また今までないがしろにしていたことに対して改めて取り組もう、という方も多いと思います。

でも、いざ行動に移そうと思ったとき、なかなかやる気が出ず行動に移せないことってありますよね?

 

今回は、やる気が出ないときに行動に移すためのヒントを5つ、ご紹介したいと思います。

 

 

最初の一歩を踏み出してしまう

最初の一歩

これは、ネガティブ思考・不安対策として運動について書いた記事でも取り上げましたが、あなたがやりたい(やらなければ)と思っていることの最初の一歩をとりあえず踏み出してしまいましょう

 

例えば、

ダイエットのためにジムに行っている場合

→まずはジムに持って行く荷物の準備だけしてしまう


スキルアップのために資格等の勉強に励んでいる場合

→問題集を広げて、ペンを手に持って、机に向かってしまう

等です。

 

最悪、その後に続かないならそれも良し、という思いでもいいので、とりあえず最初の一歩の行動を踏み出してみてください。

案外、そのまま実行できてしまうものです。

とりあえずスタートを切ってみることがうだうだモードを切り替るきっかけになるからだと思います。

 

頭に浮かんで「5秒以内」の行動を意識する

やりたいこと、やらなければならないことがあるのに行動できず、変化の無い毎日を送ってしまっているという方におすすめのTEDの動画があります。

www.youtube.com

※日本語字幕は、youtube画面右下の歯車マーク(設定)→ 字幕 →日本語から選べます。

原題は"How to stop screwing yourself over"、「自分を欺くのをやめる方法」です。

 

このトークでは、話し手のMel Robbinsさんが、行動に移せないでいる人に対して具体的な行動のヒントを紹介してくれるとともに、ユーモアとエネルギーたっぷりの話し方で見ている人のやる気を鼓舞してくれます。

 

全体的に大きなインスピレーションを与えてくれるトークなのですが、特に後半で語られる「5秒以内に行動する」というトピックが私には役立ちました。

 

非常ブレーキをかけない

この方によると、脳の機能には「自動運転」モードと「非常ブレーキ」モードがあります。

 

「自動運転」モードは、通勤や家事など習慣化された行動に対して起きることで、苦も無く気づいたら行動できてしまっている状態です。

「非常ブレーキ」モードは、普段やっていない行動に対して起きることで、抵抗を感じ行動に移せない状態です。

 

そして、やりたい気持ちがふと湧いた時に、「5秒以内」に何かしらの行動に移さない場合、脳は「非常ブレーキ」モードになってしまいます。

 

例えば、明日は仕事が長引そうだし、明後日は飲み会があるから、今日はジムに行こうかなと思ったとき、5秒以内に何かしらの行動(スケジュールに書き込む、荷物を準備する等)に移さなければ、やりたい、やろう、という気持ちが無くなってしまうのです。

 

新しい要素を取り入れる

勉強

ある程度継続して取り組んできたことに対して、続けたいけどやる気が湧かないな、と思ったら是非新しい要素を取り入れてみてください

 

例えば、こんな感じです。

ジョギングの場合

→いつもと違うコースを走ってみる

 

ジムに通っている場合

→いつもは使わないマシンを使ってみる

 

勉強の場合

→いつもとは違う場所でやってみる

新しい要素を取り入れることで、いつもより新鮮な気持ちで取り組むことができます

それが行動に移す原動力に繋がります。

 

スケジュールを一新する

平日に仕事がある人で、毎週水曜にジョギングすると決めているとします。

それを例えば、毎週月曜日に変えてみてください。

月曜日は週初めだしきついなと思っていても、逆に考えれば週の初めにノルマを達成できてしまうので後が楽かもしれません。

また金曜なら、その週の仕事が全て終わった後なので、楽な気持で行動に移せるかもしれません。

 

今までのスケジュールに固執せず、曜日や時間帯を変えてみるだけでかなり気分も変わりますよ。

 

記録する

ダイエットのためのエクササイズができた日、予定通り勉強ができた日等を手帳やカレンダー、アプリ等に記録してみてください。

簡単なマークを付けるだけでも良いと思います。

 

そうすると、今まで自分がやってきたことが見える化されるようになりますので、モチベーションに繋がります。

私はジョギングする際にアプリを使って時間や距離を記録しています。

今月はこれだけできた!ということが分かるので、継続するためのやる気が出ますよ!

 

終わりに

今回は、やる気が出ないときに行動に移すためのヒントを5つ、ご紹介しました。

やりたいことがマンネリ化していたり、ついつい先延ばしにしてしまっている方は是非、参考にしていただければと思います!