とり子の楽観主義

オプティミストを目指すとり子の雑記ブログ。

【運がいいだけ?】「持ってる」人の特徴

「持ってる」人

先日、大学時代の友人2人とランチをしてきたときのことです。

その場にいなかった別の友人の話題になった際、全員一致でその子の印象をこんな風に表現しました。

 

あの子、「持ってる」よねと。

 

 

「持ってる」人ってどんな人?

f:id:torikooptimism:20180706101243j:plain

なぜか良いことが起こる

上手い具合に希望の転職先が見つかったり、上手い具合に担当の仕事が好転したり、上手い具合に誰かが助け舟を出してくれたり。

 

その子の近況をまた聞きしたところによると、ラッキーなことばかり起こっているように思えるのです。

まるで、良い方へ良い方へと何かに導かれているかのようです。

 

「持ってる」人の特徴

もちろん、本人しか知らない努力や葛藤もたくさんあったことでしょう。

そこまでは分かりません。

 

ですが、私たちがその友人のことを話していて思い至ったのは、その子の持つこんな特徴でした。

  • ネガティブなことを言わない
  • いつもニコニコしている、明るい
  • 自分の意志をしっかり持っている、周りに流されない
  • 自分の意見ははっきり言う
  • 行動力がある

特に「ネガティブなことを言わない」に関しては、学生時代を思い出してみても以下のような言葉をその子から聞いた覚えが無いように思います。

「上手くいかなかったらどうしよう」

「どうせ私なんて」

「自信がない」

「私にはできない」等

かと言って、自慢の言葉も聞いたことがありません。

 

前回の記事で、良いことに意識が向いていると良いことを見つけられるようになる、ということを書きました。

その子の言動はまさにそれですね。

自分から良いことを「引き寄せ」ているんだと思います。

前回の記事はこちら↓

www.torikooptimism.com

 

どうすれば「持ってる」人に近づける?

f:id:torikooptimism:20180409120355j:plain

簡単にポジティブに考えられるようになるんだったら苦労しないよ!

って思われるでしょうか?

でもあなたが今まで通りの言動パターンでいる内は、未来のあなたもその延長線上にいる可能性が高いのではないでしょうか。

 

アファメーションは効果的?

アファメーションってご存知でしょうか?

肯定的な言葉を自分に対して発することで、自己肯定感を上げ、セルフイメージをポジティブなものにする手法として様々な自己啓発本で取り上げられています。

 

例えば、以下のような言葉が挙げられます。

「私ならできる」

「私なら大丈夫」

「私は自信にあふれている」

「私は美しい」

アファメーションは非常に効果的とされていますが、個人的には、すごーく精神的に調子が悪いときには、アファメーションの効果はあまり無いのでは、と思っています。

そんなときには、自分に対するポジティブなことが全く信じられないからです。

とは言え、調子が少し良くなってきたら是非取り入れてほしい習慣ではあります。

 

 

逆アファメーションの恐怖

でもアファメーションが有効な場合があるなら、その逆も起こり得るって思いませんか?

 

つまり、ネガティブなことを(心の中でも)自分に言い続けていたら、どんどん自分の中のネガティブ要素を補強してしまう、ということです。

これは自分で傷口に塩を塗っているようなもの。

わざわざネガティブなセルフイメージを自分に刷り込んでいるのです。

これってかなり怖いことだと思いませんか?

 

だからせめて、自分のためにそのようなネガティブな言葉は使わない。

これだけなら、今からでもできることではないでしょうか。

 

終わりに

いきなり思考を変えるのは難しいかもしれません。

ですので、まずは自分が使う言葉ひとつ自分が起こす行動ひとつ、小さなことから変化を起こしてみてはいかがでしょうか。

気づけばいつかあなたも「持ってる」人になっているかもしれませんよ。