とり子の楽観主義

オプティミストを目指すとり子の雑記ブログ。

歯のケアには歯間ブラシが最強。【口臭予防にも】

歯のケア

実は私、歯列矯正をしています。

とは言っても歯の裏側から矯正するタイプなので、人に気づかれることは少ないですが。(というか、自分から言うことはあっても人から言及されたことはない。)

矯正中、どうしても歯磨きがしづらくなるので、矯正を始めてからは人生でこれほど歯のケアを気にしたことがない!というほど、歯には気を遣っています(笑)

 

定期的に歯医者さんに行くのですが、前回行った際には歯科衛生士さんに、

こんなにも歯をキレイに保てている人は本当に少ないので素晴らしいです!他の人にレクチャーしてほしいぐらい(笑)

と、お褒めの言葉をいただきました。(嬉しい!)

そこで、今回は私が歯のケアに使用してみて効果絶大だと感じている、歯間ブラシについて書きたいと思います。

 

歯の汚れ、ちゃんと取れてますか?

なぜ歯間ブラシが必要?

私は普段、矯正用の歯ブラシ(大き目で、毛先が長くなっている部分があるもの)、ポイントブラシ(ワンタフトブラシ)、歯間ブラシ(2種類)、必要に応じてデンタルフロスを使用しています。

矯正していない方ならここまでしないでもいいかもしれませんが、歯のケアには何を使うのがいいかって聞かれたとしたら、断然歯間ブラシをおすすめします。

 

歯間ブラシは、歯と歯の間に挟まったプラーク(歯垢)を除去するために使用します。

このプラーク、要は歯についた汚れ(細菌等の塊)で、放っておくと歯磨きでは除去できない硬い歯石というものに変わってしまいます。

これが、口臭や虫歯等の歯・歯茎のトラブルに繋がってしまうんですね。

 

普段の歯磨きだけでは不十分かも?

一般的な歯ブラシを使用した普通の歯磨きでは、歯と歯の間の汚れはなかなか取れません。

気づいていないかもしれませんが、意外と汚れが付着しているもの。

特に歯並びの悪いところがある方、いつもの適当な歯磨きだけでは、ほぼ確実に汚れが残っています!(過去の私!(汗))

 

歯磨きしてるのに口がクサイ...という方、プラークが原因かもしれませんよ。

私は虫歯にはほとんどなったことがないものの、昔の自分には、他を着飾る前にまず歯のケアをちゃんとして!と言いたくなりますね(笑)

 

歯間ブラシの使い方とおすすめアイテム

f:id:torikooptimism:20180425114849j:plain

使い方

歯間ブラシは、歯と歯の隙間に沿わせるように、左右の歯の表面にブラシがあたるように動かして使います。

f:id:torikooptimism:20180425114327j:plain

歯間ブラシにはサイズがあるので、できれば歯の隙間の大きさによって使い分けるのがベストです。

 

おすすめの歯間ブラシ

歯の隙間に出し入れしやすい、L字型がとっても使いやすいです。

私は普段こちらを使用しています。↓

4Sはキレイに歯がぎちっと並んでいる隙間に、Lは矯正器具と歯の間等の大きなスキマに使用しています。

歯医者さんに行く機会があれば、どのサイズがいいか聞いてみるのもいいですね。

 

その他のおすすめケアアイテム

ポイントブラシ(ワンタフトブラシ)

歯並びが悪いところを、ピンポイントで磨けるブラシです。

一本だけねじれていたり、奥まっていたりする歯があるなら、その歯は普段の歯磨きでちゃんと磨けていない可能性大です!

歯磨きを徹底するなら、このタイプのブラシがマストです。

 

マウスウォッシュ

歯医者さんで取り扱っている、コンクールFという洗口液がおすすめです。水に薄めて使うタイプで、刺激性がなく使いやすいです。

虫歯や歯周病の予防、口臭対策にも効果ありです。

 

終わりに

以上、今回は歯間ブラシについて書きました。

人生100年と言われる時代、食の楽しみを支えてくれる歯を大切にしてあげたいですね。

この記事に紹介したものは多くの歯医者さんで取り扱われていると思いますので、歯医者さんに行く機会があれば試しに買って使ってみてはいかがでしょうか。