とり子の楽観主義

オプティミストを目指すとり子の雑記ブログ。

「汚部屋」を脱出!すっきりした部屋を作る片付け方の3つのポイント

「汚部屋」を脱出しよう

気づけば部屋に物が散乱していたり、人を呼ぶときに慌てて片付けなくてはならない、なんてことはないでしょうか。

私の知る限り、いわゆる「よくできる人」は例に漏れずお部屋がすっきりと片付いています。

小さな子どものいるお家に遊びにいくと特に、その差ははっきりとします。

 

何かしらで忙しく、家事にまで手が回らないことがあるのはみんな同じ。

ではなぜ差が出るかというと、キレイに片付いている部屋の持ち主には意識しているポイントがあるからです。

 

今回は、部屋をすっきりと保つために意識したいポイントを3つご紹介したいと思います。

 

 

1. 物の全体量を減らす

物の全体量を減らす

部屋が片付かない最大の原因

部屋が片付かない最大の原因は、物が多すぎることです。

ネットショッピングが普及し、画面をクリックするだけで簡単に物が買えてしまう時代。

うっかりしていると、どんどん物が増えていってしまいます。

お買い物が趣味だという方も多いと思いますし、自分が好きなものを買ったり使用したりすることで満足感を得られるならそれはそれでいいと思います。

ですが、新しいものが増えたら、不要になった古いものは無いか確認しましょう。

 

いつか使うかも...って本当なの?

高価だったものに多いと思いますが、いつか使うかも、と思ってため込んでいるものはありませんか?

特に服やバッグ等のファッションアイテム。

1~2年、使用しなかったものがあるなら、その後そのアイテムが活躍することはほぼ無いでしょう。

人は新しいものに目移りしますし、体型や雰囲気も変わっていくので、1~2年前の自分に似合っていたものが今も似合うとは限りません。

 

使っていない物を所有することに価値があるか考えてみてください。

使わないならそのアイテムの活躍の場は無いのです。

そういうものはため込まず、捨てるなり売るなりして物の全体量を減らす意識を持ちましょう。

 

断捨離のコツや効果についてはこちらの記事で書きました。↓

www.torikooptimism.com

www.torikooptimism.com

 

2. 見せないでいいものは見せない

見せないでいいものは見せない

視界に入るものの量を減らす

1.で所有する物の全体量を減らしたら、次は見た目の話に移ります。

すっきりとした部屋の基本は、見せないでいいものは見せない、です。

整理整頓がよくできていても、見えるものが多すぎると部屋が片付いている印象は得られません。

 

すぐに使わないものや、普段の生活の場になくてもいいものを収納するために、押入やクローゼット等の収納スペースは存在します。

そのスペースを活用するために、1.で全体量を減らすことを挙げました。

すぐに使わないものは。空いたスペースに片付けてしまいましょう。

 

特にテーブルやテレビ台等平面が多い物には何気なく物を置いてしまいがちですが、できるだけ物を置かないようにすると劇的に部屋がすっきりします。

これは、テーブル等が部屋の見える範囲の大部分を占めているからです。

 

コード類を整頓する

かなりピンポイントですが、テレビ等の電化製品のコードがごちゃごちゃ絡み合ったり、どれがどのコードか分かりにくくなったりしていないでしょうか。

コード類を整頓すれば、手っ取り早く部屋がすっきり見えるので非常におすすめです。

また、火災等のリスク対策にもなります。

 

具体的には、シンプルで目立たないタップを使い、余分なコードはまとめることです。

コードをまとめるにはこれが非常に使いやすいです。

目立たないように、コードの色によって黒と白を使い分けています。

 

3. 定位置を決める

定位置を決める

同じカテゴリーでまとめ、定位置を決める

2. で「見せないでいいものは見せない」と書きましたが、見せないからといってどこでもいいから物を収納すればいいという意味ではありません。

片付けの基本ですが、同じカテゴリーや一緒に使用する物をまとめ、常にここに保管するという定位置を決めてしまいましょう。

 

工具類はここ、書類関係はここ、消耗品類のストックはここ、キッチンツールはここ、ごみ袋はここ、といった具合です。

こうしておくと実際に使うときに探さなくていいので非常に便利ですし、使い終わったら元の場所に戻せば部屋が散らばることもありません。

 

ラベリングを活用する

1人だと自分が把握していればそれでいいのですが、家族やパートナーと一緒に暮らしていると、定位置の共通認識ができていないと長期的に部屋をすっきり保つことができません。

 

そこで活用したいのがラベリングです。 

ラベリングをしておけば、「あの場所の~のラベルのところを見て」という風に説明でき、家事や片付け等を協力してもらいやすくなります。

特に書類等は、面倒でもカテゴリーごとに分類し、中身が分かるラベルを作って貼っておくと、その後の便利度はケタ違いに変わります。

 

手書きが面倒なので、私はラベリングにはピータッチを愛用しています。

 

終わりに 

以上、すっきりした部屋を作るために意識したい3つのポイントでした。

取り組むまでが面倒ですが、片付けは言わば「すっきりとした部屋を保つための仕組みづくり」です。

一度工夫しておけば、その後の手間を大きく削減することができます。

全部一気にやる必要はないので、少しずつ、自分が楽するための仕組みを構築してみてはいかがでしょうか。