とり子の楽観主義

オプティミストを目指すとり子の雑記ブログ。

新しい考え方を取り入れるには?出された素材をそのまま食べる必要はないという話

出された素材をそのまま食べる必要はないという話

私は読書好きなので割といろいろなジャンルの本を読みます。

本を読んでいると新しい考えに出会うことが多いのですが、それでも100%賛同する、または反対すると思うものに出会うことは稀です。例えば、深く踏み込めないけどちょっと気になる、いわゆる「スピリチュアル」のジャンルとかですね。

今回は気ままに、新しい考え方を取り入れる上で思うことを書きたいと思います。

 

 

まるまる受け入れる必要はない

私は神さまは信じないが...

まず、私は特定の宗教を信じている人間ではありません。実家には仏壇もあり、ご先祖様を敬う気持ちはあり、仏壇に手を合わせたり、お墓参りにも行ったりしますが特に「私は仏教徒だ」と思ってはいません。

また、困った時の神頼みをしたり、御朱印をもらいに神社をいくつか訪れたこともありますが、文化として敬う気持ちはあれど、信心深いわけではありません。

割と一般的な日本人の感覚をしているのではないかと思います。

 

で、例えばスピリチュアルのジャンルなんかは、宗教ではないにしても独自の思想がありますよね。占いなんかもそうでしょうか。よく雑誌の最後の方で星座占いが載っていますが、しっかり自分の星座をチェックしてしまうほどには興味があります。

本で言うと、最近では『神さまとのおしゃべり』を読みました。存じ上げませんでしたが、著者のさとうみつろうさんはブロガーで、もともとブログでスピリチュアルな話を書いていて、それが書籍化につながったのだとか。

 

他にも引き寄せの法則で有名な『ザ・シークレット』や、もっと親しみやすい形で書かれた『こうして思考は現実化する』等も読んできました。

『こうして思考は現実化する』はネガティブ思考を克服しよう!不安や心配性の改善におすすめの本11選 - とり子の楽観主義で紹介しています。

 

こういう本を読んでいるといつも思うのは、神さまや宇宙のエネルギーが...と言われてもそこは信じられないな、ということ。この世界には説明がつかないものもたくさんあると思いますが、どうもしっくりはきません。

ですがスピリチュアル本に書かれている本の内容を全く信じられないかというと、そうでもないんですね。むしろ、「この考え方は参考になる、取り入れたい」と思うものに出会うことも多いです。

 

例えば引き寄せの法則で言うと、望むものが引き寄せられるから、望むものに焦点を当てるべきという考えには賛同できます。望むものを紙に書き出そう、なんかも。なんでかというとその逆を経験済みで、ネガティブな思考がどんどんネガティブの連鎖を生み、望まない結果や状況を招くということを身をもって経験したことがあるからです。そして、考え方が人の行動を変えるというのも真理だと思います。

 

だからそういうところは共感して取り入れるんですが、それでも、「宇宙のエネルギーがあなたが望むものを与えてくれるのです」みたいな説明は正直信じられない(笑)自分にとってプラスになるような考え方なら、その部分だけ採用すればいいと思っています。

 

もっと言うと私はキリスト教徒ではないし、唯一絶対の神という感覚も分かりませんが、キリスト教の説く隣人愛や、様々な書籍で引用されるニーバーの祈り等は共感できる部分が多く、絶妙な表現に舌を巻くことがあります。

ニーバーの祈り

God, give us grace to accept with serenity
the things that cannot be changed,
Courage to change the things which should be changed,
and the Wisdom to distinguish the one from the other.

神よ、変えることのできないものを静穏に受け入れる力を与えてください。
変えるべきものを変える勇気を、
そして、変えられないものと変えるべきものを区別する賢さを与えて下さい。

wikipediaより引用

曇りなき眼で見定めてる?

何が言いたいのかというと、世の中には当然いろいろな考え方や思想があるけれども、取り入れるにしてもそれをそのままの形で全て受け入れる必要はないということです。目の前に並べられた食材を、何も手を加えずに食べる必要はない。いろんな考えの良いところをつまみ食いしたり、自分に合うように味を調整して摂取すればいいのではないかと思っています。

逆に否定するにしても、誰かや何かを一刀両断する必要はない。自分にも他人にもそれを許すことができれば、大げさですがもっとみんなハッピーになるんじゃないかなと思ったりします。

 

最近のブロガー界隈では特に、影響力の大きな人の若者への発言が物議を醸していたりしますが、憧れているからって言われたことをそのまま真に受ける必要はありません。よく様々な分野で「まず初心者はできる人を完全に真似することから始めろ」とか言いますが、それはやり方とがスキルの話であって、思想のことではないんじゃないのかな。もちろん、良いところは吸収していけばいいとは思うんですが。

 

要はプラスもマイナスも、もののけ姫でアシタカが言うように「曇りなき眼で見定め、決め」たいものだなと。

 

終わりに

なんだか抽象的な話に終始してしまいましたが、twitterなんかでは自分でフォローしていなくても攻撃的な話題が目に飛び込んできて、それだけでちょっと疲れちゃうなぁと思いつつこんなことを書いている秋の夜です。

たまにはこんなのもありかな。

 

みんなハッピーなのが一番だね!

 

あわせて読んでいただきたい他の記事 

www.torikooptimism.com

www.torikooptimism.com

www.torikooptimism.com