とり子の楽観主義

オプティミストを目指すとり子の雑記ブログ。

AmazonのAudible(オーディブル)を使ってみた感想。堤真一さんの声で『火花』を聞いたら予想以上だった!

本を聴く!Audibleを試してみた

Amazonの提供しているAudible(オーディブル)というサービスをご存知でしょうか?簡単に言えば本の朗読を聴けるもので、本を読まずしてその内容を楽しめるものです。

私は本を読むのが好きなので、一人でどこかに行く時は基本的に1冊は本を持ち歩いています。ですが、満員電車で立っているときや、歩いているとき等は当然ながら本を読むことができません。

そこで気になっていたのがこのAudibleというサービスでした。

今回は、読書好きがAudibleを試してみた感想を書きたいと思います。

 

 

AmazonのAudible(オーディブル)のサービス内容は? 

本の朗読が聞ける月額1500円(税込)の会員サービス

Audibleは本の朗読をPCサイトやスマホのアプリから聴ける月額1500円(税込)会員サービスです。他のAmazonの有料会員サービスである、AmazonプライムやKindle Unlimitedとは異なる独立したものとなります。

有料会員にならなくても「ボイスブック」と呼ばれる対象書籍は購入できるのですが、会員には複数の特典があります。(後述)

初めて利用する方は30日間の無料体験でどんな内容かお試しができます。私もこの無料体験を使って早速本を「聴く」という体験をしてみました。

  • 月額1500円(税込)の有料会員サービス
  • 有料会員ではなくても作品を購入可能だが、有料会員には特典あり(後述)
  • 30日間の無料体験でお試しが可能

 

Audibleで選べる本はかなり力の入った内容

Audibleではプロの声優やナレーターによる本の朗読を聞くことができます。

なかには有名人による朗読もあり、女優の杏さんや、俳優の城田優さん等、「思わずちょっと聞いてみたい!」と思わせるようなナレーターさんのキャスティングも魅力です。

人気作家のベストセラー本も多く、

  • 小説版の『きみの名は。』
  • 堀江貴文氏の『多動力』や
  • J・K・ローリングの『ハリー・ポッター』シリーズ
  • 池上彰氏の『池上彰教授の東工大講義』

など、幅広いジャンルの書籍が対象となっています。

 

  • プロの声優やナレーターによる朗読を聞くことができる。
  • ベストセラー本も多く、幅広いジャンルを楽しめる。

 

注意点:「聴き放題」ではない!2018/8/28から「コイン制」に!

ここで一点注意点なのですが、Audibleは会員制度は「聴き放題」ではありません。

Amazonプライム会員の感覚に慣れていることもあり、月額1500円で対象商品が読み放題なのかと思っていたのですが、どうやら最近そういった内容のサービスから切り替わったようで、今では「コイン制」と呼ばれるスタイルとなっています。

コイン制では、会員であれば毎月コインが1つ付与され、それを好きな作品と交換できます。つまり、毎月実質一冊は無料ということになります。

 

普通に本を買うと1000円~2000円ぐらいするので、普段から本を買って読んでいる人にはそれほど高い金額ではないかと思います。

ですが昨今の「〇〇放題」に慣れた身としては、正直もう少しお値段安くならないかな?というところ。

Amazonさん、1000円ぐらいでどうにかなりませんかね?(笑)

 

Audible有料会員は聞き放題ではなく、毎月好きな作品と交換可能なコインが付与される「コイン制」

 

Audible会員特典のまとめ

Audibleの有料会員になると、先ほど説明したコインが毎月1つもらえるのに加え、購入した作品が気に入らない場合も交換可能です。

また、購入した作品は有料会員を退会した後も聴くことができ、追加で他の作品を聴きたい場合は30%オフで購入することができます。

 

  • 毎月1つ付与される「コイン」で好きな作品を購入可能。実質毎月1冊が無料。
  • 購入した作品は退会後も聴くことができる。
  • 追加でタイトルを非会員価格の30%OFFで購入可。
  • 気に入らなければ、聴きはじめてからでも交換OK。
  • 『短編文学チャンネル』等、追加料金なしで楽しめるコンテンツあり。

 

▶Audibleの無料体験をチェック

 

予想以上だった!Audible(オーディブル)の無料体験をしてみた感想

Audibleはこんな人におすすめ

実際にAudibleを使ってみて、こんな方におすすめのサービスだと感じました。

 

  • 通勤時間や家事等の作業時間を有効活用したい人
  • 読書好きだけど忙しくて積読しがちな人
  • 普段から本を買って読む習慣がある人
  • 本をよく持ち歩いている人

 

Audibleを利用してみた感想

Audibleの良い点として一番に感じたのは、やはり何かの作業をしながらでも本を読めるということ。

実際には「読む」ではなく「聴く」なのですが、基本的に普通の本は何かをしながらでは読めないので、自分が目で文字を追わなくても内容が分かるというのはかなり便利だと感じました。

 

もちろん、朗読として聞くのに不向きな作品やジャンルはあると思います。ですがAudibleではスマホのアプリをダウンロードしておけば本を持ち歩かなくて済みますし、通勤途中や入浴中、家事をしながら等使える場面は結構あります。

Audible (オーディブル) - 本を聴こう

Audible (オーディブル) - 本を聴こう

  • Audible, Inc.
  • ブック
  • 無料

 

じっくり読みたい本は紙や電子書籍で、断片的にでも読み進めたい本はAudibleで等、工夫して使い分けるとより読書を楽しめると思いました。

 

堤真一さんの声で又吉直樹著『火花』が聞ける!

私が無料体験で選んだ作品は又吉直樹さんの『火花』です。

ずっと気になっていながら読んでいなかった作品なのですが、Audibleの作品一覧を見て、「どれにしようかな~」と迷っているとこの作品が目につきました。

そして、ナレーターの名前を見てびっくり。なんと俳優の堤真一さんが朗読してくれるとは!

えぇ、好きなんですよね、堤さん。声もすごく好きです。

 

あの声で是非読んでもらいたい...!

『火花』が気になっていたこともあり、堤さんの声ということも重なってすぐにこの作品に決めました。

 

本を読むのとは一味違うボイスブックの魅力

実際に聞いてみてた感想としては

ボイスブックって予想以上に面白い!

です。

 

今までオーディオブック等、この類のものを利用したことがなかったのですが、その手軽さに加え、非常にエンタメ性にも優れたサービスだなと思いました。

 

私が選んだジャンルが小説で、しかも俳優の方が読んでいることもあるのか、台詞の読み分けや感情の込め方が巧みで臨場感があります。

感動のシーンもまるで映像を見ているかのような、自分の頭の中では再現できない「演技」を聴くことができました。

これは本当に予想以上で大満足です。

 

何よりも声が良いしね...!

 

また、朗読というのは本を読み上げるだけなのかと思っていたのですが、それぞれのシーンをより鮮明に想像させる効果音がちょくちょく入っていて、普段の自分で本を読むという感覚とは全く別の体験をさせてくれます。

ナレーターのキャスティングといい、細かい演出といい、Amazonがいかにこのサービスに力を入れているのかが分かりますね。

 

ちなみに、朗読のスピードを細かく調整できるので、「もっと速く聞きたい!」という方でも大丈夫です。

 

  • 小説の場合は、台詞の読み分けや感情の込め方が巧みで臨場感がある
  • 効果音により作品中のシーンが想像しやすい
  • 朗読のスピードを細かく調整できる

 

無料体験でもまるまる一冊楽しめる

30日間の無料体験では、有料会員と同じようにコインを1つもらえます。このコインで好きな作品と交換できるので、無料ながらボイスブックをまるまる1冊楽しむことができます。

もちろん、有料会員として継続する意思が無ければ、無料期間内に退会すれば費用はかかりません。

私の場合は予想以上に満足感が大きかったので、ちょっとでも気になっている方は試してみて損はないと思いますよ。

 

▶Audibleの無料体験をチェック

 

Audible(オーディブル)の解約手順

無料体験をしたけれど、「有料会員にはならなくていいかな...」という方のために簡単に解約の手順を書いておきます。

退会してもコインで交換した作品は聞くことができるので、付与されたコインはどうせなら使ってしまってから解約するようにしましょう。

 

①Audibleのページにアクセスして右上の[サインイン]からサインインする。

www.audible.co.jp

 

②サインインした状態で、右上のアカウント名が表示されている部分にカーソルを当て、表示された[アカウントサービス]をクリックします。(下図赤枠)

f:id:torikooptimism:20181027202529p:plain

 

②するとこんなページになりますので、[退会手続きへ](下図赤枠)をクリックすれば、退会手続きへとすすめます。

f:id:torikooptimism:20181027205116p:plain

 

終わりに

以上、読書好きがAudibleを使ってみた感想について書きました。

繰り返しになりますが、ボイスブックは思ったよりもかなり面白かったです!

ちょっと気になる作品や朗読してもらいナレーターの方の作品が対象の中にあるなら、一度試してみてはいかがでしょうか。